離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと

不倫

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと

離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。

ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。

いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚を後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。

悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。

目次

不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴

寂しがりやで社交下手

同級生と不倫関係に陥るきっかけって?同窓会での再会で既婚男性が不倫する心理

人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。

ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。

離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。

不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。

夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。

また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。

一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・

寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。

熱しやすく冷めやすい

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと

離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。

そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。

ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。

ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。

もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。

不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。

ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。

相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。

また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。

離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。

結婚したことで満足が得られている状態です。

そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。

男性に依存しやすい

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。

学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。

「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。

そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。

しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。

結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・

離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。

男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。

人生恋愛経験が少ない

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。

これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。

夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。

もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。

夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。

しかし、既に時遅しなのです。

離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。

男性が遊びだった場合こういうことになります。

甘やかされたお嬢様気質

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。

甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。

ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。

不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。

あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。

もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。

メンタルがとても弱い

不倫の修羅場まとめ!既婚女性と既婚男性が迎える不倫の修羅場の違いと対策

離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。

不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。

周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。

そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。

両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。

友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。

もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。

家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。

不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。

離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?

考えず勢いだけで離婚

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。

夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。

夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。

ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。

いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。

不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。

旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。

ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。

離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。

将来設計をたてず離婚

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。

また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。

不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。

また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。

しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。

将来設計は予定であり決定ではありません。

ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。

100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。

その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。

将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。

自分自身覚悟もせず離婚

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。

驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。

ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。

昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。

しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。

とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。

離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。

覚悟さえあれば、後悔なんてありません。

覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。

自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。

過去を振り返っている暇はないのです。

覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。

経済的な自立もせず離婚

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。

ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。

働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。

バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。

不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。

離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。

経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。

その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。

これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。

見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。

子どものことを考えず離婚

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。

不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。

ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。

その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。

こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。

特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・

子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。

また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。

子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。

離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。

親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。

不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理

不倫なんてするもんじゃないな…

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。

「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。

と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。

不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。

相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。

そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。

彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。

奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。

そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。

不倫相手の子を妊娠してしまった…

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。

よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。

もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。

生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。

女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。

不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。

何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。

後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。

もう後悔している場合じゃないのです。

早く不倫を止めたいが止められない

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。

ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。

不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・

日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。

でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。

もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。

一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。

ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。

奥さんと別れてくれればいいのに…

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。

付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。

そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。

「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。

なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。

『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。

不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。

彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。

離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと

離婚後のライフプランをたてること

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。

仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。

離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。

ですが、後悔だけはしたくないものです。

そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。

ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。
それに向かうプロセスが大切なのです。

離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。

子どもには会えないと思うこと

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。

幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。

親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。

ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。

もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。

仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。

もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。

親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。

ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。

今までの暮らしはないということ

既婚女性に独身男性がラインをする潜在意識にあるものは?尊敬か好意か?不倫に発展するきっかけと理由

夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・

離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。

そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。

幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。

ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。

もちろん、そうじゃない人もいます。

夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。

ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。

もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。

もしかしたらということもゼロではありません。

誰かを傷つけてしまったということ

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。

ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。

不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。

バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。

残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。

離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。

自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。

犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。

誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。

もう不倫はしてはいけないということ

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。

離婚したくて不倫したわけではないでしょう。

ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。

元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。

いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。

離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。

ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。

こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。

そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。

結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。

考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。

後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス

一人で生きていく覚悟を持つ

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。

もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。

ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。

先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。

一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。

精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。

幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。

離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。

一生できいる仕事を見つける

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。

元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。

もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。

仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。

もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。

時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。

勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。

10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。

なぜ離婚したのかを忘れない

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。

不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。

ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。

幸せになるためには、自分を許すことも必要です。

もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。

ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。

誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。

なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。

そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。

女性としての磨きをかける

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと 離婚は珍しい時代ではありません。毎日何組もの夫婦が離婚しているという日本の現状であり、それだけ市民権を得ているとも言えます。 ですが、『やっぱり離婚しなければよかった・・・』と後悔する人、『離婚して幸せ!早くすればよかった』と後悔しない人と、二極化します。 いったい、後悔しないためにはどのような考えを持ち離婚に臨めばいいのでしょうか。また、離婚して後悔する女性とそうでない女性の特徴をご紹介します。 悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。 <h2>不倫がきっかけで離婚して後悔する女性の特徴</h2> <h3>寂しがりやで社交下手</h3> 人は少なからず寂しがりやです。強い女性が増えた時代とはいっても、寂しいときは寂しいのです。 ましてや、不倫をして、その不倫がバレて離婚をされることになったのか、それとも自ら離婚を選んだのか、いろいろな不倫からの離婚がありますが、寂しがりやの女性は離婚に後悔する傾向にあります。 離婚して一人になり、原因が不倫ですので、子どもは引き取れないという母親であれば尚更寂しくて仕方ありません。 不倫してしまったのも寂しくて・・・という既婚女性も少なくありません。 夫が自分を見てくれなくなり、女性としての自信も失い他の男性と不倫をすることで、寂しさの穴埋めをしていたはずなのに、それが余計に寂しくなったという結末です。 また、社交下手が重なれば、人とのコミュニケーションが不足し、離婚後は寂しさは増すばかりです。 一人で食事して、休日も一人で過ごして、家と職場の往復だけ・・・ 寂しがりやの女性には、不倫の代償は大きいといえます。 <h3>熱しやすく冷めやすい</h3> 離婚を後悔する女性のひとつ、熱しやすく冷めやすいのが特徴です。 そういう女性は、好きな人ができれば真っ直ぐに愛し、とことん尽くす傾向にあります。とても素敵な女性です。 ですが、それは一時的なことであり継続できないのです。 ですから、不倫をすると何もかも忘れて夢中になります。彼のことを愛してずっと一緒にいたいと思うのです。 もちろん彼も、自分のことを愛している、ずっと一緒にたいと思っていると信じているのです。 不倫相手が年下の独身男性であれば余計に夢中になるかもしれません。貢ぐことも考えられます。 ですから、不倫相手にハマってしまい、自然と夫との離婚を考えるようになります。 相手の男性が独身であれば、自分が夫と離婚するだけでスムーズに解決できると思い、どんどんと離婚へ向けて事を運ぶのです。 また、相手が既婚者であれば、離婚をさせるように努力します。とにかく、結果を出すためには努力は惜しまないタイプといえます。 離婚が成立し、不倫相手と望んでいた結婚・・・ですが、そこで冷めてしまうのです。または、結婚前の離婚が成立した時点で冷めてしまう女性もいます。 結婚したことで満足が得られている状態です。 そこで、『離婚しなければよかった』・・・冷静に元夫の良さが分かるのです。 <h3>男性に依存しやすい</h3> いつも側に男性がいないとダメ。という女性はどこにでもいます。 学生の頃、恋人が途切れたことのない女友達はいませんでしたか。 「また恋人変わった!?」、「今度はまた全然違うタイプだね」などと、恋人とダメになってはまた次の恋人と付き合いの繰り返しの女性。 そういう女性は、結婚してからも、素敵な男性がいたらお近づきになりたいと考えます。それが自然なことであり、どこか魅力的な女性が多いのです。 しかし、これは天性なものなのです。甘え上手であり、男性も寄ってきます。 結婚して旦那さんが側にいてくれ、もちろん旦那さんのことを愛し尽くしますが、寄られた男性と不倫の恋に落ち離婚・・・ 離婚して不倫相手の彼と結婚できると思っていたけれど、そうはならず後悔だけが残ることに。 男性に依存しやすい女性は、結婚も離婚も繰り返すことになるかもしれません。 <h3>人生恋愛経験が少ない</h3> 夫だけ・・・恋愛も男性経験も夫だけという主婦も珍しいことではありません。早くして結婚した人は特にそうです。 これまで愛した人は夫だけという女性は、不倫や離婚にいちばん遠いところにいそうですが、一度、夫以外の男性を知ってしまうとハマってしまう傾向にあります。 夫との生活に不満はないけれど、不倫をして夫以外の男性の良さを知ることで、虜になってしまうのです。 もう、彼なしの人生は考えられない・・・彼と一緒になりたいと思い完全に離婚へと突っ走ろうと計画します。 夫に離婚をしたいと申し出、夫も泣く泣く承諾してくれたのですが、それが間違いだったことに気がつきます。 しかし、既に時遅しなのです。 離婚して彼の元へと走ったのはいいけれど、結局上手く行かず・・・ということは珍しくありません。 男性が遊びだった場合こういうことになります。 <h3>甘やかされたお嬢様気質</h3> 家庭が裕福でもあり、幼い頃から両親からの愛情いっぱいに育てられたお嬢様気質の女性は、離婚してしまい後悔する女性の特徴のひとつでもあります。 甘やかされて育ってせいか、世間知らずのところもあり、何かあったら誰かに頼れば解決してくれていたので、自分が傷を負うこともしてこない女性が多いのです。 ですから、不倫に走り離婚しなければならない状況になっても、誰かが解決をしてくれ、自分の知らないところで、きれいに離婚も成立していたなんてこともよくあります。 不倫をした方が悪いのですから、離婚と言われたら受け入れるしかありませんし、慰謝料を請求されたら、両親が払ってくれます。 あまり公にしたくないということもあり、さっさと終わらせたいというのが家族の意向であり、娘の意見などは聞いていられないというわけです。 もちろん、離婚は承知していますが、本当はもっと自分が言いたいことがあったけれど、家族や周りがそうさせてくれず、離婚したことを後悔するのです。 <h3>メンタルがとても弱い</h3> 離婚は珍しくない時代ですが、不倫がきっかけで離婚となると少し風向きは違ってくるかもしれません。 不倫をして離婚したなんてご丁寧に言うものでもありませんが、なんとなく周りに知れてしまうもので、尾ひれが付いて嫌な思いもすることになるかもしれません。 周りの目が気になり始めたら止まらないものです。『あの人がまた私のことを話している・・・不倫した主婦だって・・・』という一人妄想する場合もあります。 そんなことが続けば、心身も病んでしまいます。メンタルが弱い女性は、離婚して後悔しやすいのです。 両親や兄弟が近くに居てくれたら頼れるのですが、離れて暮らしていたらそうはいきません。 友人はいたとしても他人ですし、やはり家族の支えとは違ってきます。 もともと、メンタルが弱いがために不倫をしてしまったという女性も珍しくありません。 家族や職場の環境に耐えられず、つい側にいた男性に頼ってしまいそこから不倫の関係になったというパターンも多くあります。 不倫からの離婚をして後悔する女性はメンタルが弱いのが特徴です。 <h2>離婚しても後悔しない女性とする女性の違いはなに?</h2> <h3>考えず勢いだけで離婚</h3> 結婚は勢いですが、勢いだけで離婚した女性は後悔します。 夫婦生活を長くしていれば、一度や二度は離婚したい!と思うのではないでしょうか。 夫が嫌になった!からとか、人生を新しくやり直したい!とか、そうは思っても離婚するなんて勇気はない既婚女性の方が多いでしょう。 ですが、今時離婚なんて珍しくないし、『嫌いになった人と一緒にいるくらいなら離婚だ!離婚だ!』と、よく考えもせずに勢いだけで離婚してしまえば、後々後悔です。 いくら、不倫がきっかけで夫婦仲に暗雲が立ち込めたとしても、よく話し合いもせずに自分だけの気持ちで離婚するのは、とても危険であり、『どうして・・・なんで離婚したんだろう・・・』と悔やむことになるだけです。 不倫が夫にバレてしまったけれど、態度次第で旦那さんは「やり直そう」と言ってくれるかもしれません。 旦那さんだって、そう簡単に離婚なんてしたくないはずです。 ですが、あなたのその場の勢いは止まらず離婚を選択し、後悔先に立たずなのです。 離婚するのはOKとして、勢いで離婚してもイイことはありません。よく考え納得し離婚することが後悔しない基本です。 <h3>将来設計をたてず離婚</h3> 離婚することは大変です。一筋縄ではいかない場合が多々です。 また、離婚はできたとしても、その後のことが一番大切です。 不倫きっかけからの離婚となれば、自分が家を出て行くパターンが多いでしょうから、女性が一人で、また子どもを連れてとなると、全てゼロからのスタートとなり、当然、生活費をはじめ、住む場所、こどもの学校などなど、決めなければならないことがたくさんあるはずです。 また、目先の事だけではなく、将来設計を計画しておかなければ途中で躓き、やっぱり離婚しなければよかったと思う事になってしまいます。 しっかりと将来の事を見据えた上で離婚する女性と、見据えないで離婚した女性では、大きな差が出てきます。 将来設計は予定であり決定ではありません。 ですが、目標や目的があるのとないのでは、気持ちと力の入れようが変わってきます。 100万円貯める。では、貯めるのは何のためなのか?車を買う、リフォーム費用、子どもの学費などなど、しっかりと決めておけば必ずそれに向かって動くはずです。 その日暮らしでは不安しかありませんし、有意義な将来をおくることができません。 将来設計をたてる女性とそうでない女性では、晩年雲泥の差が生じます。 <h3>自分自身覚悟もせず離婚</h3> 毎日700組ほどの夫婦が離婚していると言われています。 驚くべき数字なのか、そんなもんと思うのかはそれぞれです。 ですから、離婚することがさほど珍しくない世の中です。 昔であれば、「あそこの娘さんは離婚して出戻りですって・・・」「子どもを連れて大変ねー」なんて、自分の知らないところでご近所さんに言われていたものです。 しかし、相手にちょっとて嫌なことがあったり、合わないところがあったり、一人がいい!なんて思えば直ぐに躊躇なく離婚する夫婦も増えています。 とはいえ、そんなことにつられて離婚しては後悔しかありません。 離婚とは一大事なことであり覚悟です。覚悟なくして離婚はしてはいけないのです。覚悟がないまま離婚してしまえば後悔しかありません。 覚悟さえあれば、後悔なんてありません。 覚悟がないから後々『なんで離婚なんてしたんだろう』、『やっぱり離婚なんて・・・』などと思うのです。 自分をしっかり持ち、そして過去を忘れて前だけを見て歩いて行く覚悟です。 過去を振り返っている暇はないのです。 覚悟を持つか持たないか、それで離婚後の人生が決まることは間違いありません。 <h3>経済的な自立もせず離婚</h3> 離婚してもお金は必要です。むしろ、離婚してからはお金がいちばん大切だといえます。 ですが、経済的な自立もせずに離婚をしてしまい随分と後悔する女性は多くいます。 働けばどうにかなると思っていたのでしょうが、世間は思っている以上に厳しいものです。 バラバリと仕事をしているキャリアウーマンであれば別ですが、結婚後仕事はせず家事に育児にと専念していたり、また、パートやアルバイトはでお小遣いを稼いでいた程度のものであれば、そのままの状態で離婚するのは無謀といえます。 不倫からの離婚パターンもさまざまで、不倫相手と一緒に暮らせるのであればまだ見通しは明るいかもしれませんが、ただ単に不倫がバレてしまい、思い切って離婚したとなると違います。 離婚すれば、当たり前ですが日々の生活を自分自身が支えなければなりません。 経済的な自立をしないまま離婚をした女性は、『なんで離婚なんか・・・』と後悔するのがほぼと言っていいでしょう。 その時は、お金なんてなんとかなる!バイトでもなんでもすればいいのだからと思っていても、現実を目の当たりにし、思っていたのと違った・・・と後悔するだけです。 これまで家庭を預かっていた女性であれば、生活資金がどれくらい掛かるのかはわかっているはずです。 見通しが立たないまま離婚すれば後悔しかありません。離婚の前にしっかりと経済的な自立をすることが必要です。 <h3>子どものことを考えず離婚</h3> 子どものことを考えず離婚した女性は後悔します。 不倫したからといって、離婚の際、親権を持てないというわけではありません。 ですが、その家庭環境によっては、子どもと一緒に離婚ができない場合も多くあります。 その場合は、子どもとは離れ離れで暮らさなければならないということです。 こういう時、子どもがいない夫婦であれば、スムーズだったりします。 特に子どもが小さい場合は、子どもを手放したくないと思うのが母親です。母親が居なくなったらどうなるか・・・ 子どもと会えない離婚なんて後悔しかありません。子どもが「会いたくない」と言うかもしれませんし、父親やその両親が会わせてくれなくなるのかもしれません。 また、子どもと一緒に離婚できたとしても、母親の勝手な行いで父親と離され、また、経済的な面でも子どもに苦労をかけることにもなりかねます。 子どものことを考えず離婚する・・・離婚して後悔する女性の特徴です。 離婚する際はまず子どものことがいちばんに考えるべきです。 親の勝手な都合で離婚したからこそ、子どもを幸せにする責任があるのです。 <h2>不倫がきっかけで後悔した女性が感じるものとその心理</h2> <h3>不倫なんてするもんじゃないな…</h3> 不倫がどういうものかというのは、してみなければ分からないものです。 「不倫なんて止めた方がいい」、「そんなのいつかバレるし、そうなったら大変だよ。解ってる!?」、「結婚??いずれどうせ捨てられるって」などと、どんなに周りから言われても、不倫がイケナイことは理解しているし、止めれるのであれば、とっくに止めているのです。 と本人はいうけれど、不倫がどういうものかが解ってないから止められないのです。 不倫には他の恋愛にはない魅力があるのです。だから止められない人も多いのです。 相手にもよりますが、不倫なんて疲れるだけであり、一文の得にもなりません。 そう気がつくのは随分後です。その時不倫い冷めて単純に『不倫なんてするもんじゃない』と冷静に思うのです。 彼の奥さんにバレてしまい別れるだけならまだいいです。しかし、修羅場となれば別れるだけでは済まない場合があります。 奥さんが慰謝料を請求してくれば、高額の慰謝料を支払わなければならないのです。一文の得どころかマイナスです。 そうなってはじめて、「不倫なんてするもんじゃない」と後悔しかないのです。 <h3>不倫相手の子を妊娠してしまった…</h3> そうなってからでは遅いのが、不倫相手の子どもを妊娠してしまうという緊急事態です。 よくある話だといえばそうですが、本来、喜ばしい妊娠も、この時だけは『どうしよう・・・』と、思い現実が受け入れられません。 もしかしたら、夫の子なのか彼の子かという事に頭を抱える既婚女性も珍しくありません。 生むという選択、生まないという選択、どちらにしても不倫に後悔です。 女性ですので、好きな人の子どもであれば生みたいと思って当然です。ですが、不倫ですからそう簡単にはいきません。 不倫をしたこと、避妊を怠ったこと、妊娠にいたったこと、何もかも後悔です。 何が正しいかはそれぞれですし、自分で責任を持って選択するしかありません。 後悔していても時は流れでいくだけで、また後悔することになります。 もう後悔している場合じゃないのです。 <h3>早く不倫を止めたいが止められない</h3> 好きになった人が既婚者だった・・・付き合い始めてから知った・・・など、不倫をしようと思って始めた人はそういないはずです。 ですが、『不倫がこんなにも辛く寂しいものだと思わなかった』と、思う女性も多いはずです。 不倫がバレてはいけませんので、連絡も会うことも控え、不自由な恋愛が辛く、止めたいと思うけれど止められない・・・ 日々、どうしたら不倫が止められるのか。公表できない恋ですので誰にも相談もできず、不倫をしていることに後悔するしかありません。 でも、『結婚すればこんな思いはしなくていい!』と、彼との結婚を考えるようになります。 もう、そう思い出したら彼と別れることは考えられず、結婚だけを夢見るようになり、早く止めたいと思うどころか逆にハマってしまうのです。 一時は不倫をしたことを後悔しましたが、今度は彼に離婚を迫ることで後悔を払拭しようとするのです。 ですが、こういう場合の女性は、結局は不倫をしたことを、離婚したことを後悔する時がやってきます。 <h3>彼が別れてくれればいいのに…</h3> 不倫を始めた頃は、『彼のことが好きだし何もいらないし、結婚なんて求めない』と思っていても、そう気持ちが収まらなくなるのが不倫です。 付き合いが長いということは、それだけ彼のことを愛しているということですし、別れるなんて考えられないのです。 そうなると、彼に求めることも多くなり、今のままでは満足できず結婚がしたいと思うのが女性です。 「奥さんと別れて私と結婚して」と言うのは簡単ですが、そんなことを言えば彼に嫌われると思い、彼を失うのが怖くて離婚や結婚という言葉は出せません。 なんで、不倫なんかしたのだろう・・・と後悔と同時に、いつも『彼が奥さんと離婚してくれたらいいのに…』と、心の中で思っているのです。 『彼はどうしたら離婚してくれるだろうか?』『私と結婚するって言ってくれるだろうか?』そればかりを考えようになります。 不倫したことを後悔しながらも、いつか彼と結婚する、結婚できるという思いに変わり、エスカレートすれば、彼への家族への嫉妬心が生まれてしまうのです。 彼が奥さんと別れてくれれば、私は幸せになれる。。。。。そう思っているのです。 <h2>離婚する前に後悔しないためにぜひ考えてほしいこと</h2> <h3>離婚後のライフプランをたてること</h3> 離婚できたとして、その後の生活はどうしていくのか、安心して生きて行くために具体的なライフプランをたてることが必要です。 仕事はどうしていくのか、日々きちんと生活はできるのか、目の前のことだけではなく長い目でライフプランをたて、見通しをしっかりすることで、後に離婚して良かったと思えるものです。 離婚するのは自由です。不倫をしてそれがきっかけで離婚に至ったのであれば、自分に非があるのですから、ある意味、離婚を選択することは当然かもしれません。 ですが、後悔だけはしたくないものです。 そのためには、離婚後のライフプランをしっかりと計画し、自分の幸せは自分で切り開かなくてはいけません。 ライフプランはあくまでも予定であり、絶対そうならなければならないという事ではありません。ただ、目標を持つと持たないでは結果が違ってきます。 それに向かうプロセスが大切なのです。 離婚前には必ず、その後のライフプランをたてることで、あなたの幸せ度が変わってくるはずです。 <h3>子どもには会えないと思うこと</h3> 夫婦はいいです。所詮他人ですし自分たちの都合で結婚したり離婚したり、紙切れ一枚提出すれば離婚できますし、全て自分たちの責任です。 幼い子どもはそうはいきません。親の都合であっちに行きこっちに行きなんて冗談じゃありません。 親が不倫をして離婚・・・そんな勝手は母親でも一緒に暮らしたいと思うのが子どもです。母親も同じなはずです。子どもと離れたくないと。 ですが、離婚後は、子どもと普通に会えないし、これまでの関係ではいられない思うことです。 もちろん会えないことはありません。ですが、会えないで当然ということを重々理解しておかなくてはいけないということです。 仮に、元旦那さんが「子どもには会わせない」と言っても、それは当たり前であり受け入れなければならないのです。 もしかしたら裁判になるかもしれません。その際、子どもと会えることを制限される場合もありますからそれに従わなければならないのです。 親にとって子どもに会えないほど寂しく悲しいものはありません。 ですが、それが現実だということを肝に銘じておくことです。 <h3>今までの暮らしはないということ</h3> 夫がいて子どもがいて、毎日一緒に食事をして一緒に眠って、旅行して、笑ったり泣いたり喧嘩したり・・・ 離婚とは、それまでのあたたかい家庭がなくなるということです。 そんなことは分かっている!と思っているでしょうが、現実になってはじめて身にしみて分かることもあります。 幸せが当たり前過ぎて、自分が置かれている幸せが分からなくなるのです。 ですから、一人になってはじめて、その当たり前の幸せがどんなに良かったのかと実感し離婚したことに後悔することになります。 もちろん、そうじゃない人もいます。 夫婦仲もいつしか悪くなり、家庭内別居などという夫婦も数多くいます。だから不倫したのだと豪語する既婚女性も少なくありません。 ですが、そんな夫婦でもお互い好きになり愛し合って結婚して、一時でも幸せな日があったはずです。 もし、離婚が白紙に戻せるのなら、不倫を許してくれるのであれば、そして、一時の幸せの日をまた過ごしたいと思うのであれば、もう一度考え直すことも重要です。 もしかしたらということもゼロではありません。 <h3>誰かを傷つけてしまったということ</h3> 不倫とは、自分の欲のために誰かを傷つけた上に成り立っています。誰かを傷つけない不倫などはありえないということです。 ですから、自分が傷つくのは当然の報いなのです。悪いことはできないものです。 不倫中は、イケナイと思いながらも二人の世界が楽しくて仕方なく、お互いの家族のこと、この先のことなど考えていません。 バレること前提で不倫なんてしませんし、自分たちさえ楽しければいいという傲慢さなんて気がつかないものです。 残念なことに、誰かにバレてはじめて自分たちが犯してきた罪に気がつくのです。 離婚したからといって、傷つけた人の傷が癒せるわけではありませんが、あなたが決めた選択です。 自分がしたことで、誰かを傷つけてしまったこと、離婚を決めたことは忘れてはいけません。 犯した罪は、いつか、必ず自分にも返ってきます。 誰かを傷つけたと思うのであれば、もう同じ過ちは繰り返さないはずです。 <h3>もう不倫はしてはいけないということ</h3> 離婚は致し方ないことかもしれません。不倫をしての離婚であれば尚更です。 離婚したくて不倫したわけではないでしょう。 ですが、周りに知られてしまい、不倫をした妻を許せなく離婚に至ったのであれば受け入れるしかありません。 元々離婚したいと思っていたのであれば別ですが、そうでなければ、離婚という現実を受け入れるに時間がかかるはずです。 いくら自分が悪いことをしたとしても、言いたい事はたくさんあるでしょうし、離婚は直ぐに受け入れられない既婚女性も少なくありません。 離婚したくないと思っているのであれば、『どうか、許してもう一度チャンスをください』と、言いたいところでしょう。 ですが、許されなければ泣く泣く離婚届けに判を押すことになります。 こんな思いをしたくないのであれば、“もう不倫は二度としない”と誓うことです。 そして、離婚という現実を受入れ、今一度気持ちを整えることです。もし、受け入れることができないのであれば、可能な限り時間をもらうことです。 結果には必ず原因があります。今の現実は全て自分がしてきたことの結果です。 考えれば、もう不倫はしてはいけないと思うのではないでしょうか。 <h2>後悔しない離婚をして、幸せな道を歩くための正しいプロセス</h2> <h3>一人で生きていく覚悟を持つ</h3> 離婚後をよく考えると同時に、先ず“一人で生きて行く”覚悟を持つことです。 もちろん、この先、出会いだって再婚だってあるかもしれません。それはそれで結果オーライです。 ですが、これまでの生活はありませんから、まず、離婚という強い意志があるのであれば、一人で生きて行く覚悟を持つことが第一です。 先に伝えたように再婚だってありえます。ですが、誰かに頼らず一人で生きて行く覚悟を持っていた方が、幸せな将来を過ごせるということです。 一人で生きて行く覚悟がなく、誰かに縋りたい、頼りたいという気持ちであれば、その人がいなくなったら、生活は破綻となるわけです。 精神的に頼るのは悪いことではありませんが、当てにしては幸せはないということです。 幸せとはなるものではなく、自分で掴み取るものです。 離婚したから不幸ではありません。離婚後して幸せになっている人はたくさんいますので、離婚したからこそ幸せになるには、覚悟です。覚悟が必要だということです。 <h3>一生できいる仕事を見つける</h3> 幸せになるためには、自分の生活を支える仕事を見つけることです。 元々、仕事を持っているのであれば問題ないですので、男も女も関係ない時代ですので、その仕事を一生貫く気持ちで邁進することです。 もし、離婚を機に転職をしたいと考えているのであれば、一日でも早く行動を起こすことで幸せに早く近づけるというものです。 仕事は、お金に直結します。仕事とは稼ぐためであり生活をするためです。離婚すれば経済力が必要ですから仕事無くして幸せはありえないのです。 もし、生活を支える仕事をしていないのであれば、早めに“一生できる仕事”を身につけることが先です。 時間は有限です。考えているうちに刻は過ぎていきます。 勉強して資格を取得したり、起業の準備をしたり、自分で出来ることはやることです。待っていては、仕事も幸せもやってきません。 10年後のことを考えて仕事を手に入れることが大切です。 <h3>なぜ離婚したのかを忘れない</h3> 言わずと知れていると思いますが、今一度“なぜ離婚したのか”“離婚をするのか”を考えることです。 不倫がきっかけで離婚といっても、そう選択した理由は夫婦によって様々です。 ですが、不倫をしたという事実は無くなりませんし、それがきっかけで離婚したということもです。 幸せになるためには、自分を許すことも必要です。 もちろん、不倫は一般的には良くないこととして扱われていますし、現に離婚になっているのですから、けして胸を張れることではありません。 ですが、『悪いことをしてしまった・・・』、『不倫なんてしなければ、こんなことには』などとネガティブなことばかり思っていては前に進めませんし、いつまで経っても幸せには辿り着きません。 誰にだって間違いはあります。あなたも申し訳ないと思ったから一人になることを決心し罰を受け入れたのではないでしょうか。 なぜ、離婚したのか、なぜ離婚に至ったのか、間違った自分を受入れ許し未来に進むしかありません。 そして、いつか、離婚してよかったと思うときが来るよう頑張ることが大切です。 <h3>女性としての磨きをかける</h3> 離婚して一旦人生をリセットされたわけです。 何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。 離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。 塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。 これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。 これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。 『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。 綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。 いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。 美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。 <h3>もう男を追わない頼らない</h3> 結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。 ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。 離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。 不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。 夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。 そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。 常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。 けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。 もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。 <h2>離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです</h2> 離婚はパワーが必要です。 誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。 ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。 離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。 覚悟があれば怖いものなしです。

離婚して一旦人生をリセットされたわけです。

何もかも忘れて一人になって、大きな荷物を降ろし身軽になって第二の人生のリスタートです。

離婚も全て自分で決めたことです。後悔なんてしている時間はありません。

塞ぎ込み嘆いてばかりで自分を見失っていては、新しい人生は始まりません。

これからの幸せへ向けて、突き進まなければなりません。前進あるのみなのです。

これまで以上にバリバリと働き、女性としてもさらに磨きをかけるのです。

『離婚して綺麗になった!?』セクハラ発言とも取れますが、綺麗と言われて喜ばない女性はいません。そう言われるように美しさに磨きをかけるのです。

綺麗になって損はありません。また、美しくなることで、次への恋も期待できます。既婚者であったために、一人の美しい独身女性になれば、これまでなかったお誘いだってあります。

いついかなる時に誘われてもいいように、女磨きに余念があってはならないのです。

美は一日にしてなりません。1分でも早く女磨きをスタートさせることが幸せへの一歩ではないでしょうか。

もう男を追わない頼らない

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと

結婚が幸せであり、女の幸せは結婚であるという人も少なくありません。確かにそれもひとつです。

ですが、女性皆がそうではありませんし、結婚をしない幸せもあることは間違いありません。

離婚をしたことが幸せと思うためには、もう男性には頼らず生きていくと決心することです。

不倫をしたのは、夫に何かしら不満があったからでしょう、また他の男性が魅力的だったのかもしれません。誘いがあったのかもしれません。

夫を必要としているという判断ができていれば不倫なんてしていないはずです。

そして、不倫をした男性とも別れ、また夫とも離婚・・・男性といても幸せになれない女性だっているのです。

常に男性と関わりを持つことで幸せと勘違いしているのかもしれません。

けして、恋人を持つことや結婚が良くないことではありません。男性との付き合い方や接し方が上手くできない女性もいるのです。

もう、男性には頼らず生きて行く方法が幸せへの道です。

離婚を後悔しないためには覚悟を持つことです

離婚を後悔する人としない女性の違いは?不倫がきっかけで離婚する時に後悔しないために考えて欲しいこと

離婚はパワーが必要です。

誰しも離婚するために結婚をしたわけではありませんし、この人と一生添い遂げたいと思っていたはずです。

ですが、離婚をすることに・・・自分でも想定外の選択だったかもしれません。

離婚をするのであれば、その離婚に後悔は御法度です。

覚悟があれば怖いものなしです。

-不倫

Copyright© アナと不倫の女王 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.