セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

不倫

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

セカンドパートナー…最近よく耳にする言葉です。

自分にとって特別な女性だけれど、不倫でもない、友達でもないとされる恋人のような存在です。

セカンドパートナーとは、一体どういう関係なのか?「それは本当に不倫ではないのか?」「セカンドパートナーの彼は一体、女性になにを求めているのか?」気になるところですよね。

セカンドパートナーとの恋愛と不倫の境界線は…法的にはどうなのか?併せてご紹介いたします。

目次

セカンドパートナーとして選ばれる既婚女性の特徴

二人がどんな関係かを理解している女性

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

既婚同士の恋愛だから不倫であり、セカンドパートナーを代名詞と勘違いしている人も多いようです。

しかし、まずはセカンドパートナーがどういうもので、二人はどんな関係かをきちんと理解している人が選ばれる第一条件ではないでしょうか。

もちろん、恋愛するわけですので容姿もスタイルも頭の良さも大切ですが、“恋愛するんでしょ”なんて軽い気持ちで始められてしまっては先が思いやられます。

お互いがセカンドパートナーとしてお付き合いを始めるにあたり、夫婦でもない、不倫関係でもない、友達でもないという二人の関係をよく理解した上でスタートすることが大切です。

なんとなく始まった関係、理解しないで始まった関係は、後でトラブルになりかねません。

直ぐにセカンドパートナーを解消するカップルもいるでしょうが、最初の頃よりも好きという思いが強くなり、のめり込んで行くカップルもいるでしょう。

『私はそういうつもりだった』、『僕は違う・・・』などと、トラブルになってしまっては元も子もありません。

ですので、二人がどんな関係を求めているのかをハッキリさせるといえますし、よく理解した既婚女性がセカンドパートナーとして選ばれる条件のひとつです。

無闇矢鱈におしゃべりをしない女性

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

女性は基本おしゃべりな生き物です。同じ話を永遠とできる生き物です。

人妻であっても、「私、今不倫しているの」なんて、平気で周りに言いふらす人もいますし、不倫相手と堂々と手を繋いでデートする人もいます。バレても隠すこともせず開き直る人妻もいます。

男性は、無駄におしゃべりする女性は、男性は好みません。

いくら、不倫でない恋愛で家族も知っている関係とはいえ、無駄に関係をバラされたらいい気もしませんし、セカンドパートナーというものを理解していな人からすれば、“怪しい”、“ただの不倫なんでしょ”、“そんなの変じゃない?”などとか思われがちです。

世の中は以外と狭いものです。あの人と!?仕事で繋がっていることもあります。

自分と繋がりのある人が、セカンドパートナー恋愛をしていると知り、どんどん良くない広がり方をするかもしれません。

ですから、敢えて言う必要もないですし、男性は二人だけの秘密にしておきたいと思う気持ちもあるのです。

自分から言って自慢するような女性は、男性からも好まれませんが、女性からも引かれます。

自分からセカンドパートナー恋愛を宣言するような女性を、貶めようとする人もいないとも言えません。

きちんと意見を述べるお話好きな女性は歓迎でしょうが、おしゃべりな女性はアウトといえ好まれません。

会う度に自分が成長できる女性

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

バリバリ働くキャリアウーマン、いつ会っても美しい女性、癒されオーラを纏った女性・・・好きな女性のタイプは様々でしょう。

自分にないものを持っている女性はとても魅力ですし、この人の事をもっと知りたい!話したい!と思いますよね。

男性はいつまでたっても子供です。そしてマザコンです。

お母さんのようん甘えさせてくれて、時には子供のように叱り、時にはよく出来たねと褒められたいのです。

人は自分の成長なんて気がつかないものです。

周りから「近頃いい調子じゃん!」、「最近やる気だね」、「顔つきがいい感じに変わったよね!?」、「◯◯さん優しいですね」。などと言われて初めて意識するものです。

そう言われて嬉しくない男性はいませんし、より調子にのりたくなるものです。

人は自分の力だけでは成長は難しいものです。

もちろん、仕事で出会う人だったり、家族だったりには支えられていますが、特定の女性の存在は大きく、彼女のおかげで背長できた実感すれば、男性は離れられなくなるはずです。

嘘を付かずいつも明るく素直な女性

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

素直で明るい女性は元気をくれます。笑顔が素敵な女性は魅力的ですし、笑顔に癒されるという男性も多いはずです。

いつも楽しく笑っている女性を見るだけでパワーがもらえます。

だから、男性は彼女に会いたい、もっと一緒にいたいと思うのです。

せっかく貴重な時間を割いて会っているのにも関わらず、セカンドパートナーとしてお付き合いしている彼女は不機嫌でプリプリしている顔なんてノーサンキューですし、会う意味がありません。

独身同士の普通の恋愛であるならそういうマイナスめいた事があっても分かりますが、二人はセカンドパートナーとしての恋愛です。

お互いプラスでいるためにお付き合いをしているわけですので、一度たりともマイナスな日があってはいけないのです。

もちろん、落ち込む事があって慰めて欲しい時もあるでしょう、胸を借りて泣きたい時もあるでしょう。

そういう時は、正直に話す事です。何も話さないでセカンドパートナーと会う事は相手を不安にさせ、距離を置かれることになるかもしれません。

自分だけには、嘘を付かず明るく素直な女性でいて欲しいのです。

穏やかで潤いを与えてくれる女性

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

気の強い女は女房だけでいい。それが妻を持つ既婚男性の本音かもしれません。

もし奥さんが穏やかで癒される女性であれば、セカンドパートナーを求める必要がありませんから。

ですので、穏やかで心に潤いを与えてくれる女性を求めています。

これが、独身女性であればそうは行きません。既婚女性だからこそできる付き合いがあり、もしかしたら、そのセカンドパートナーは、夫には気の強い女かもしれません。そうなると、自分だけには穏やかでいてくれて癒してくれるという優越感にも浸れます。

仕事で失敗することもあるでしょうし、誰にも言えない悩みを抱えることもあるでしょうし、この先どうしようと頭を抱える毎日かもしれません。

既婚男性の心は、仕事と家庭の狭間で想像以上に乾ききっています。

誰かが話を聞き、優しく潤いを与えてあげないと、ひび割れを起こしてしまうのです。

ですから、そっと手を差し伸べて気付かぬうちに潤いを与えてくれる女性を探しているのです。

既婚者同士がセカンドパートナーの彼が女性に求めるもの

癒し〜男だって泣きたい時や甘えたい時がある〜

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

仕事ができる男の姿はカッコいいですし、また、男は仕事が出来てこそです。

そういう男性は、上司からの信頼も厚く、部下からも女性社員からも頼りになる上司として慕われているでしょう。

もちろん、それだけではなく、メリハリも付け、ユーモアもあり、完璧なデキる男性っていますよね。

強くて守ってもらえるのが男性であり、女性はそういう男性ん憧れを抱いているものです。

ですが、そういう男性こそ、弱みや涙は見せられない、見せたくないものでもあります。

家庭に帰れば家族の前では愚痴や弱みは見せず、良き夫。良き父であろうとするものです。

また、仕事の愚痴や会社のことは家庭に持ち込まない!持ち込まないで!という奥さんも多いと言いますし、余計にこぼせません。

ですから、心置きなく仕事の話しができ、愚痴をこぼすことができるような、甘えられる女性の存在は大きいのです。

甘えることで心身も癒されます。

誰にも相談できず溜め込んでしまって体調を悪くし休職、また辞職…なんてことは珍しくない現代社会なのです。どうしてもっと早く・・・と思っても遅いのです。

男性にとって甘えられる女性は必要といえます。

ときめき〜あの頃のようにドキドキしていたい〜

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

『最近ときめいていない』『ときめきなんて忘れていた』などと、既婚女性の多くは口にします。

テレビの向こうのアイドルやタレント、俳優にドキドキする主婦も少なくありません。

男性だって同じです。言葉にこそしませんが、学生の時、好きな女性に告白したりデートを楽しんだり、初めてキスをした時のようなドキドキするときめきが欲しいと思っているのです。

男性は、結婚したら家族を守らなければならいという使命があり、恋をしてドキドキなんてする余裕などなく我武者羅に働くものです。

そうは言っても、既婚とはいえ男性ですから、周りの女性の言葉や仕草にドキッとすることは、当然のことです。

そこから、不倫恋愛に発展する男性もいれば、遠くから眺めて楽しむ人、どうやってお近づきになろうかと頭を悩ます人など様々です。

ドキドキすれば、脳が緊張することでアドレナリンが過剰に分泌され、心臓がドキドキと活発に動くと言われています。

心をときめかし、ドキドキすることはとても大切なことであり、充実した生活には不可欠ともいえます。

「好きな人と会える」、「彼女のために頑張ろう」、「もう一度会いたい」などと思うことで、辛い仕事を頑張れることもあるでしょうし、そんな女性を思う自分も好きでしょうし嬉しくなるはずです。

若さ〜恋愛をしていることで若さも保てる〜

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

「いつまでも変わらないし若いね」。そう言われて喜ばない人はいないはずです。

若さとは実年齢に関わらず左右されるもので、20代、30代でも老け込んでいる人もいますし、50才を過ぎても還暦を迎えても若々しい男性もいます。

見た目の若さもそうかもしれませんが、精神的に若い人はとても魅力的です。

前向きでありストレスを溜め込まないように努め、また、趣味や生き甲斐を持ち、自分のライフスタイルを貫き自分を大切にしているという男性は若いと言われることが多いようです。

そして、恋愛も若さを保つための精髄のひとつでもあります。きっと、恋愛をしている人としてない人とでは、見た目も中身も大きな違いがあるはずです。

恋愛をすれば、相手に自分のベストな姿を見せたい、見てもらいたいという欲求も働きます。

そのため、体を鍛えたり、おしゃれをしたり、知性を磨いたりするようになりますよね。そうすることで、フレッシュアップでき若く見られがちなのです。

こういう男性は、女性から見ても魅力的ですが、同性から見ても憧れるのではないでしょうか。

恋愛をすることは、若さを保てることでもあるのです。

自信〜自分が男としての自信を再確認したい〜

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

結婚をして家庭に入るともう女としては見てくれない・・・と思う既婚女性は多いはずです。

もちろん、原因は女性にだってありますが、多くは子どもが生まれたのを機にセックスレスになったという夫婦が多いのも事実です。

男だって同じです。いつまでたっても男としての自信を持っていたいものです。

自分がどんなに自信を持っていても、他の人はどう見ているだろう・・・と、アンケートでも取らない限り分かりません。

ある程度の年齢になれば、仕事ができて当たり前、褒められることもなくなります。どんなに出世しても肩書きがあっても、言葉って大切です。

上司や社長に褒められたり、部下に尊敬されたりすることも幸せに思うかもしれませんが、やはり女性に褒められることが、男にとってはイチバンなんです。

セックスをして、体力があるという意味の男らしさではありません。

セカンドパートナーは、体の関係こそはないけれど、ないからこそ、女性からの言葉が精神的にググッと刺さるのです。

「素敵」「かっこいいね」「それってとってもいいと思う!」「さすが!」など、女性からの言葉は、男としての自信を再確認できるのです。

繋がり〜体ではなく精神的なつながりがほしい〜

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

セカンドパートナーは、基本、キスやセックスなど、体の関係を持たないとされています。

だからこそ、本当の意味で繋がれる異性としか、セカンドパートナーとしては成り立ちません。

恋愛はしますが、そこに少しでも下心があれば、セカンドパートナーとしては失格です。ある意味とても難しい関係ともいえます。

ですが、精神的な繋がりを持ちたいという既婚男性は多く存在します。

セックスをしては不倫ですので、修羅場や離婚に発展します。そんな面倒な事はごめんですよね。

ですが、自分を人として、男として、尊敬してくれ認めてくれるという女性がいることは精神的にも強くなれますし意欲も湧きます。

結婚生活を長く続けていると、夫婦お互い尊敬や思いやりもなくなる傾向にあります。改めるということは中々難しいものです。

ですので、セカンドパートナーのである彼女には、言葉にしなくても人として男として認めてくれる精神的な繋がりが欲しいと思うのです。

本当は体よりも精神的な繋がりが大切なのかもしれません。

円満〜妻や子供、家族みんなと仲良くしたい〜

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

夫として父として、家庭では威厳を保ちたいのが男です。

昨今、蔑ろにされる既婚男性も少なくありません。

営業、出張、単身赴任・・・当たり前ですが、結婚したら職場と家庭の往復の毎日で、休日は妻子をもてなし、家族を守るために心身すり減らしている既婚男性は多いはずです。

なのに、蔑ろにされるなんて…とんでもない!と声を大にして言いたいかもしれません。

また、奥さんと喧嘩ばかり…家庭ない別居状態…子供からも相手にされず…という既婚男性も珍しくありません。いったい、どこを拠り所にすればいいのか。

恋愛をすれば、家族に余計なことを求めないで済みますので、奥さんとも喧嘩することも軽減されますし、優しくもなれます。子どもにだって、いいパパでいられます。

例えば、食事の支度がままならなくても、細かいことも気にならず大らかにいられるでしょうし、奥さんの外出なども許せるようになるのではないでしょうか。

自分はセカンドパートナーがいると思うことで、気持ちに余裕ができるのです。

恋愛をすることは、家庭円満になるといえるのではないでしょうか。

余裕〜問題を解決して生活を豊かに保ちたい〜

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

恋愛をしていると、心も体も豊かになれて気持ちにも余裕ができます。

仕事で大変なこと、嫌なことがあったとしても、セカンドパートナーに会えると思うと、そんなことも吹っ飛びます。

ベクトルはセカンドパートナーの方に向いていますので、率先して問題解決に向け動くでしょうし、仕事も捗るはずです。

年齢関係なく恋愛をすることで、心に余裕ができ仕事にもハリがでるのが実情です。俺に任せておけ!とさえ思えるようになるかもしれません。

仕事のことは、家庭には持ち帰りたくありません。悩みも話を聞いてくれない家庭であれば、話す気にもなれませんしため息しか生まれません。

余裕のないギスギスした生活は顔や生活態度にも出ますし、心が乱れれば余裕はなくなるのは当然です。

セカンドパートナーの存在は、心も生活も豊かにしれくれるといえます。

刺激〜平凡な毎日にスパイスを加えたい

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

結婚したら平穏な毎日・・・当然と言われたらそうなのですが、やはり適度な刺激は必要です。

それは、家族には求められませんし、逆に家庭は平凡がいちばんです。

ですので、セカンドパートナーと恋愛をすることは、男としてはとても刺激になるのです。

刺激と言っても体の関係があるわけではありませんので、セックスのそれとは違います。

大人になってからのセカンドパートナーとの恋愛は新しい発見もあり、会うたびに脳も刺激されます。

家族ではないからこそ、いい意味で他では発せないような話ができ、楽しさや面白さを吸収ができるのです。

彼女がキャリアウーマンであれば、感化されてやる気スイッチが入るかもしれませんし、容姿端麗で自分好みの女性であれば、一緒に居るだけで刺激されるかもしれません。

平凡な日常にスパイスを与えるような女性が必要なのです。

セカンドパートナーと上手くやっていきたい既婚男性の心理と本音

いちばん好きな女性はパートナーにしない

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

憧れの女性、初恋の女性と結婚できた…でも、『結婚してみたら現実とは違い結婚するんじゃなかった・・・』、『遠くから見ておいた方が良かったなどと言う話も耳にします。

セカンドパートナーとの出会い方も様々ですが、仮に過去に思いを寄せた人であったり、過去に告白をしてフラれてしまった女性とします。

それが、どうしてか再会して・・・違った魅力に惹かれ心をときめかす事だってあり得ます。フッた女性も大人になったら、その男性が素敵に見えてるかもしれません。

ですが、過去に好きになった女性は、やはり、心と同時に体も結ばれたいと思ってしまいがちです。

そうです。手を繋ぐだけでは済まなくなり、キスやセックスをしたいと思うものです。だって、憧れていたのですから、魅力的になっていれば、そうなりたいと思うはずです。

もちろん、そういう既婚男性ばかりではありません。あの時の憧れの人とこうしてセカンドパートナーでいられる事だけで幸せと感じる事が出来る人もいます。

でも、セカンドパートナーとして関係を長く続けたいと思っているのであれば、いちばん好きな女性ではない方が理想です。

憧れの人はいつまで経っても憧れのままがいいのです。

気持ちはあるけれど会いたいから我慢している

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

恋愛対象なのですから好きに決まっています。本当は、抱擁やキス、セックスだってしたいと思っているはずです。

ですが、セカンドパートナーとしてのルールを破り、それをしてしまっては、彼女とは、ジ・エンドです。

基本、体の関係を持たないのがセカンドパートナーですし、もしそうなれば不倫です。不貞行為が認められてややこしいことになります。

そうなると、セカンドパートナーも解消するどころか、今後会えなくなり、もう二度と連絡さえもできなくなります。

好き!気持ちはある!会いたい!だけれど、ずっとセカンドパートナーとして関係を続けたいから、体の関係を我慢しているという男性も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、女性もそうなのかもしれません。

セカンドパートナーを続けるのは、心と体のバランスの取り方が難しく至難の技かもしれません。

誰にでもできることではないと言えます。

不倫ではない…女性と恋愛できるので楽しい

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

『体の関係がないから不倫とは違うし、誰にも文句は言われない』、『好きな女性と安心して恋愛ができて楽しい』。それが男性の本音でしょう。

セックスの対象として見たとしても、我慢すればいいだけです。

結婚したら恋愛なんて出来ないですし、恋愛をしたいなら対象は夫や奥さんです。それが一般的な常識だったのは過去のことのようです。

セカンドパートナーは、お互い恋する気持ちがあり、だけれどキスやセックスはしない…家族にも話していることで安心して会うことができるのです。

とはいえ、堂々としすぎるのはNGです。

女友達、男友達とは少し違います。

どんなに食事や飲みに行っても、この人とはそれ以上はあり得ないという男性っていますよね。それは友達の域であり、けしてセカンドパートナーにはなれません。

男性も、精神的な繋がり以上のことを求めたら、女性が自分のもとを去って行くという事を分かっているので、無茶はできません。

万が一、体の関係を求めてきたときは、セカンドパートナーとして終わる覚悟をしている時でしょう。

妻ともうまくいき家庭が円満であればOK

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

『妻の機嫌がいいのがいちばん』。そう思う既婚男性も多いはずです。

仕事から疲れて帰ってきているのに、自分の話ばかりして全く気遣いもできなくて、ほとほと嫌になる・・・些細なことで喧嘩になったり、不機嫌になったり、女って本当面倒な生き物なのです。

ですので、妻が上機嫌であることは、夫にとってはありがたいのです。

セカンドパートナーがいることで、妻の機嫌を取る余裕もでき優しくできます。そうすると、妻だって悪い気はしないですし、夫に対する態度が変わるものです。

夫婦は鏡と言いますので、不機嫌な顔をしていれば妻も不機嫌になり、妻にしてきたことは自分に返ってきます。優しくすれば優しくされ、罵声を浴びせれば倍になって返ってくるのがオチです。

子供たって可愛いし、正直、家族は大切です。そのためには仕事も邁進しなければなりません。

セカンドパートナーを作ることで、家庭が円満になれるのであれば、それがベストと思っているのです。

好きな女性と定期的に時間が共有できて嬉しい

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

結婚しても素敵だと思う女性はいるものです。逆にいない人っているのでしょうか…

もちろん、素敵だと思うだけなのか、それ以上に発展させるかは個人の自由です。

ですので、いいな〜と思う女性とお近づきになれて、しかもセカンドパートナーとして時間を共有できるのであれば“嬉しい”のひと言でしょう。

しかも、そのセカンドパートナーとも、たまに会うからいいのであって、毎日のように無駄に会っては意味がありませんし、お互いの私生活を優先してたまに会えるからこそ、長く上手くやっていけるのです。

もちろん、急に会いたくなる時だって、直ぐに話を聞いて欲しい時だってあるかもしれません。

ですが、今から会いたいと言うわがままはNGです。もちろん、相手がOKであれば問題ないのですが、無茶な要求はしては、いい関係が壊れてしまうことになる場合がありますので注意です。

普通の恋愛関係とは違います。時間を共有できているというだけで相手に感謝なのです。

セカンドパートナーの彼とプラトニックな恋をする方法

お互いのプライベート時間を優先させる

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

お互い既婚であれば家族がいます。いつもいつの時も家族がの事が優先です。それができてこそセカンドパートナーと恋愛する意味があります。

家族やプライベートの時間を削り、セカンドパートナーを優先にするような恋愛は、本気の恋愛であり、そういう気持ちがあるのであれば、肉体関係を持つのも時間の問題です。

お互いのプライベートを優先することで、家族にストレスを与えることもありません。セカンドパートナーともいい関係が築けるというものです。

お互い信頼し恋愛という関係楽しんでいるわけですから、会いたい、話がしたいのは当然です。しかし、それに突っ走ってしまっては、違う恋愛に発展してしまいます。

お互いの時間がマッチした時に会える関係がベストでありプラトニックの恋をする方法です。

プラトニックな恋こそ、お互いを思いやる気持ちを持ってこそです。

下心を持たず体の関係を求めようとしない

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

セカンドパートナーとは、あくまでも二人のルールにのっとっての恋愛ですが、体の関係は持たない、求めないのが基本です。

体の関係を持つのであれば、ただの不倫です。関係を急変しなければならなくなります。実際そういう人もいるでしょう。

好きという気持ちがあると、どうしても期待してしまう人も多いはずです。

それに、彼にそういう素振りを見せてしまうと、単細胞な男性は、もしかして?あわよくば?一回だけなら?なんてことを考えてしまうものです。

大人だからこそ、心と体を制御できるプラトニックな恋ができるのです。

本当にプラトニックな恋を求めているのであれば、気のある素振りを見せてはNGです。下心は捨て、純粋な恋愛を楽しむことです。

セカンドパートナーなんて、そう簡単に見つかるものではりません。

体の関係を求めてしまったばかりに、二人の関係が終われば、とても勿体ないですし、次の人と言っても容易には見つかるものではありません。

一度見つけた、セカンドパートナーを大切にすることが大切です。

夫や子供にはお互いの関係を事前に話しておく

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

それを承知するか否かは別の話として、セカンドパートナーの存在を話しておくことで、トラブルを回避できます。

夫にも子供にも正直に話すことで、後ろめたさやコソコソする必要がありませんし、堂々とセカンドパートナーと会うことができます。

もし、ご近所さんや知り合いから見られて、夫に告げ口されても何の問題もないのです。

関係を黙っていたとして存在に気がつかれれば、真っ先に男女の仲を疑うのが目に見えています。喧嘩勃発です。

仮に、手を繋いでいるところ、顔を近づけて仲良く食事をしているところなどを見られたり、写真に収められたりしたのを見せられれば、どんなに説明しても疑いは晴れないかもしれません。逆も然りです。

そうなってしまえば、相手にも迷惑が掛かるし、せっかくの関係が終わることにもなります。

ですので、先ずは、セカンドパートナーがどんな存在であるかを理解してもらうことです。

夫に存在を知らせることで、プラトニックな関係を維持することもできますし、
セカンドパートナーと会うことを躊躇することもありません。

もちろん、セカンドパートナーにも同じように自分の存在を伝えて欲しいと言うべきです。

パートナーと決めたルールを徹底して守る

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

体の関係は持たない。それがセカンドパートナーの鉄則ですが、お互い既婚であれば、二人だけのルールを作っておくことも必要です。

セカンドパートナーは、仕方なくだとか、無理にだとか、誘われたからだとか、何か犠牲を払って恋愛するものではありません。

求めるものはカップルそれぞれでありますが、お互いが恋愛を楽しむためのものであり、プラスになる恋愛でなければなりません。

恋愛を楽しむためには、二人で作ったルールを徹底的に守ることです。

当然、付き合うのがしんどい、辛い、面倒なんて思うことはあってはなりません。

会うのは月に一度だけ、ラインは週に一度、喧嘩はしない、会った時はお互い家庭の話はしないなど、それぞれ決めておきたいことはあるはずです。

ガチガチにしてしまうのは問題ですが、長くプラトニックを楽しむためには、ルールを徹底して守ることです。

喧嘩や揉め事は起こさず一定の距離感を保つ

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

連絡ができない、返信がない、中々会えない・・・不倫であれば、イライラが募り、相手を攻めたり喧嘩が起こる場合があるかもしれません。

これも相手を愛するが故のことだと思います。

不倫とは、誰にも言えず不安と辛いの繰り返しですから、不自由な恋愛にストレスを感じることになります。

ですが、セカンドパートナーとは恋愛関係でも不倫ではありません。

拘束や執拗な連絡、わがまま、嫉妬などでの争いや喧嘩を起こさないのがいいところです。仕事の相談などで意見の食い違いの争いはそれとは違います。

揉め事を起こさないためにも、ルールを作り、頻繁に会うことを避け一定の距離を保つことが大切です。

お互いを尊重することを重視しプライベートに踏み込んでもいけません。

プラトニックな恋に、嫉妬するということはあってはならないですし、嫉妬しないことがプラトニックの恋を長く続ける方法です。

セカンドパートナーは不倫なの?不倫じゃないの?

肉体関係は持たない

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

肉体関係を持たない恋愛ですので不倫ではないとされています。

そもそも不倫とは、不貞行為があるかどうかであり、二人の間に性交渉があったかどうかがポイントとなります。

不貞行為かどうかを判断するうえで基本的にはそこに性交渉があったかどうかがポイントとなります。

一度や二度の不貞行為では認められない場合もあり、心身ともに配偶者の存在を揺るがす程に結び付きが強い場合は不貞行為であると認められます。

不倫と証明されるのはケースバイケースです。

ですから、不倫で離婚したいという場合に訴訟を起こす場合、基本、不貞行為があったかなかったが争点になるといわれています。

肉体関係を持たない、セカンドパートナーは不倫にはならないといえます。

妻や夫を傷つけない

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

家庭を疎かにしたり蔑ろにしたりするような恋愛は、セカンドパートナーを持つ資格はないのではないでしょうか。

セカンドパートナーを求める理由はそれぞれとは言え、家庭も守れない人がする恋愛はもう不倫の域です。

不倫は、自分が幸せであればあるほど誰かが傷ついていいます。不倫当事者はそんなことは考えません。考えるくらいなら止めています。

妻や夫、家族を傷つけてしまえば、それはセカンドパートナーとはいえません。

セカンドパートナーを持つことで、家族が不幸だと思ってしまえば、それは解消した方がいいといえます。

キスはNGハグはOK

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

セカンドパートナーとの性的な関係を持つことはNGとされています。そして、キスは肉体関係に繋がる行為のですのでNGです。

ですが、ハグや手を繋ぐことは、不倫とは認めてはもらえません。

感情的に裏切り行為だとしても、友情からのハグや手を繋いだとも取られ法律的には離婚の自由に入らないとされています。

ですので、セカンドパートナーと手を繋いだり、ハグをしたりする行為は不倫とは認められないのです。

とはいえ、二人が男女として恋愛をしている関係ですので、堂々と人前ですることは、できるだけ控えた方がいいかもしれません。

ふたりのカタチもある

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

セカンドパートナーは体の関係がないのだから不倫ではない。肉体関係を持たないプラトニックな関係だからセカンドパートナーと言えるのです。

ですが、キスやセックスなど体の関係があっても、セカンドパートナーとして付き合う二人もいるかもしれません。

ですが、それは一般的には不倫と言われるものであり、配偶者から訴えられれば不倫が認められ、悲しい結末になることになると言えます。

だとしても、それが二人で決めたカタチであるのならば、周りがどうこう言えません。

体の関係があっても、なくても、セカンドパートナーは二人の責任です。

誰かを傷つけることは、セカンドパートナーの理想ではありません。

セカンドパートナーは必要なのか?必要でないのか?

セカンドパートナーの彼の本当の心理と女性に求めるものと法的に不倫かどうかの考察

ひと昔前までは、セカンドパートナーなどという言葉は存在せず、それが、既婚者同士で恋愛をしていたとしても不倫にはならない・・・

そんなことあり得るのだろうか。男女が手を繋いでそれだけで終わるのだろうか??と、思う人も少なくないでしょう。

不倫が横行している今だからこそ、セカンドパートナーという新しい恋愛のカタチが必要なのかもしれません。

-不倫

Copyright© アナと不倫の女王 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.